雨漏りの原因について長崎市の外壁塗装業者が説明します!

みどり建装

0120-333-984

〒 851-0133 長崎県長崎市矢上町19-10青田ビル

営業時間 8:00〜20:00 年中無休

雨漏りの原因について長崎市の外壁塗装業者が説明します!

スタッフブログ

2020/11/04 雨漏りの原因について長崎市の外壁塗装業者が説明します!

 

長崎市にお住まいの方で、雨漏りにお悩みの方はいらっしゃいますか。
雨漏りには、外壁塗装が原因であるものもあれば、違った要素から生じる雨漏りもあります。
そこで、今回は雨漏りについて解説していきます。

 

□雨漏りの原因について

 

まず雨漏りの原因について解説しますので見ていきましょう。

1つ目は、シーリング材の劣化です。
シーリング材は壁材同士をつなぎ合わせる際に、隙間を埋めるために用いますが、これが破けてしまい、その隙間から雨漏りが発生する事例があります。
シーリング材は一般的に外壁塗装よりも劣化が早く、約5年を目処として認識しておきましょう。
外壁材の一般的な寿命である約10年よりも早いため、より早いタイミングで補修が必要になるということがポイントです。

2つ目は、外壁のひび割れです。
この場合は、外壁塗装のみの修繕では完全に解決できないことも多いでしょう。
一般的に外壁の下には、家の内部に水が浸入しないように防水シートが施されています。
しかし、外壁のひび割れから雨水が浸入することにより、防水シートが腐食し、破けてしまうことによって、雨漏りの原因となります。

3つ目は、屋根材のズレです。
屋根材は、住宅の中でも最も雨風に晒されることの多い部材であることはイメージができるのではないでしょうか。
時間を重ねることで、屋根材は劣化していき、その中でズレを生じることもあります。
生じたズレから水が浸入して、内部に漏れ出す可能性もあるので注意が必要です。

 

□外装塗装の目的と雨漏りの関係性について

 

外装塗装とは、外壁材の保護と防水性の維持のために行うものになっています。
防水性と聞いたら、「雨漏りを防ぐことも含まれるのではないか」と考える方も多いと思いますが、あくまで防水性の維持のために行われるもので、雨漏りを防ぐための決定的なものではないことを理解しておきましょう。

これらからわかることは、雨漏りの大半は建材同士の接合部や継ぎ目から、雨水が浸入することによって発生します。
そのため、外壁塗装とは無関係で雨漏りが生じた場合、いくら外壁塗装をしたとしても、改善できません。
よって、雨漏りした際は、雨漏りの原因をしっかり突き詰めたうえで、対処することを推奨いたします。

もし仮に、しっかりと点検を行う前に外壁塗装業者から「外壁塗装の塗り替えをすれば100パーセント雨漏りは治りますよ」と歩み寄られても、実際はそうでない場合も多く存在するため怪しいと思っておきましょう。
言葉のあやで騙して契約を結ぶ悪徳業者の可能性もあるので注意してください。

 

□まとめ

 

本記事の内容から、雨漏りは外壁塗装だけではなく、違った部分から生じる事例があることを理解していただけたのではないでしょうか。
当社は、安心・安全・信頼を念頭に、お客様のお悩みに沿ったサービスを提供しております。
皆様からのご依頼を心からお待ちしています。

 

○●○●○━━━━━━━━━○●○●○
みどり建装
.
0120-333-984
〒 851-0133
長崎県長崎市矢上町19-10青田ビル
営業時間 8:00〜20:00
年中無休
○●○●○━━━━━━━━━○●○●○

TOP