外壁塗装の色の組み合わせの方法とは?例を挙げて紹介します!

みどり建装

0120-333-984

〒 851-0133 長崎県長崎市矢上町19-10青田ビル

営業時間 8:00〜20:00 年中無休

外壁塗装の色の組み合わせの方法とは?例を挙げて紹介します!

スタッフブログ

2021/12/25 外壁塗装の色の組み合わせの方法とは?例を挙げて紹介します!

「どのような色の組み合わせを選ぶのが良いのだろう」
「定番の配色とはどんなものがあるのだろう」
外壁塗装をお考えの方でこのような疑問をお持ちの方も多いでしょう。
そこで今回は、外壁塗装での色の選び方について紹介します。

 

1076479_s

 

□外壁塗装の色の選び方や注意点とは

外壁塗装での失敗の声は多いです。
そのため、色選びでの注意点を紹介します。

1つ目は、面積効果です。
外壁塗装での失敗の声として、思っていた色と違うというものがあります。
その理由は、この面積効果というものです。

面積効果とは、色の錯覚です。
ネットショッピングなどで、実際の色とネットで見た色が違った経験はあるでしょう。
全く同じ色であっても、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合とで、見え方が異なるのです。
これを色の面積効果と言います。

2つ目は、サッシ、ドア、屋根との相性が大事ということです。
外壁塗装を考えるとき、サッシやドア、屋根などに目を向ける方は少ないのではないでしょうか。
特に屋根は面積も大きく、家の印象にかかわります。
外壁の色を考える上で、これらとの相性を考えるのは、とても重要です。

3つ目は、ツヤの加減を考慮することです。
外壁の印象は、塗料のツヤの有無でも変わってきます。
塗料のツヤに関しては、メーカーが製造する段階で決まっていますので、色選びの段階で考える必要があります。
ツヤの具合は、ツヤ消し、3分、5分、7分に分けられます。

4つ目は、近隣とのバランスを考えることです。
ある程度色を決めたら、家の近くを見て回りましょう。
周りの住宅のカラーとのバランスを考えるためです。
周囲の環境と同調させるか、少し目立たせるのかを考えましょう。

 

□外壁塗装の配色の定番とは

外壁塗装での配色方法は、大きく5つあります。

1つ目は、同系色でまとめる方法です。
同系色の濃度の異なる色で塗り分けることで、落ち着いた印象を与えられます。

2つ目は、ツートンカラーでまとめる方法です。
明度さの大きい、異なる系統の色を組み合わせることで、はっきりとした印象になるでしょう。

3つ目は、上下で塗り分ける方法です。
1階と2階を分ける帯の部分で色を塗り分けます。
色が多くなりますが、奇抜になりにくく、挑戦しすぎることなく家の雰囲気を変えられます。

4つ目は、縦で塗り分ける方法です。
家の凹凸や面にそって色を分けることで、スタイリッシュな印象を与えられます。

5つ目は、ワンポイントカラーを入れる方法です。
同系色でまとめた外壁に系統の異なる色をアクセントとしていれることで、全体の雰囲気が引き締まります。
家にハイセンスな雰囲気を持たせられるでしょう。

 

□配色の特徴とは

色の組み合わせは系統ごとに分けると、4つになります。
配色の基本となる色は、ピンク系統、黄土色系統、黒系統、水色系統の4つです。
ピンク系統は明るさを前面に与え、黄土色系統は暖かみがあり、黒系統は奥ゆかしさを備え、水色系統はさわやかさを醸し出します。

これらの系統で4つの配色パターンが作られます。

1つ目は、ピンク系統と水色系統です。
ピンク系統に寄ると女性らしく、水色系統に近づくと繊細なイメージになります。

2つ目は、ピンク系統と黄土色系統です。
これらの系統の中間では、かわいらしく、リゾート感あふれるといった色合いになります。
ピンク系統に寄ると優しさや温和なイメージに、黄土色系統に寄ると、楽しく、親しみやすい印象になります。

3つ目は、黒系統と黄土色系統です。
これらの中間では、力強く、大胆な雰囲気になります。
黒系統に寄ると伝統的で厳かな印象に、黄土色系統に寄るとおおらかなイメージになります。

4つ目は、黒系統と水色系統です。
これらの中間では格調高く個性的な印象で、黒系統に寄ると落ち着いた印象、水色系統に寄ると近代的な印象になります。

また、色の組み合わせは、2色から3色にしましょう。

2色の場合、隣どうしの色を選びましょう。
2色のツートンカラーの場合、以下のような組み合わせの方法があります。

1つ目は、トーン・オン・トーンです。
これは、同じ色相で明度差を変化させた配色です。
例えば、ワインレッドとピンクなどです。

2つ目は、ペール・カラーです。
これは、彩度は低い分、明度が高くなる組み合わせです。
淡いグリーンと橙などの組み合わせです。

3つ目は、アース・カラーです。
これは、茶系統を中心とした、土や木の幹の色をイメージさせるナチュラルな配色です。
ベージュと薄茶色などの組み合わせです。

3色使う場合は、全体の70パーセントを占めるベースカラー、25パーセントのアソートカラー、5パーセントのアクセントカラーの面積比になるようにしましょう。

 

22224659_s

 

□まとめ

今回は、外壁塗装での色の選び方について紹介しました。
人は、目でほとんどの情報を認識します。
そのため、色選びは重要です。
外壁塗装についてご不明な点等ございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

 

○●○●○━━━━━━━━━○●○●○
みどり建装
.
0120-333-984
〒 851-0133
長崎県長崎市矢上町19-10青田ビル
営業時間 8:00〜20:00
年中無休
○●○●○━━━━━━━━━○●○●○

TOP